その他

CML-P 2.0 ( VRIL 2.0 ) ESXi 7.0.0 へのインストール手順

CML-PをESXi7.0.0へインストール手順のページです。以前のVIRLと比べて簡単にセットアップできます。

CML ( Cisco Modeling Labs ) とは

CML(Cisco Modeling Labs)とはCiscoが提供しているネットワークシュミレーションソフトウェアです。
Ciscoの各種OSが起動することができ仮想環境でネットワークの検証が実現できます。

2020年5月17日時点では下記ネットワークを起動することが出来ます。

Reference Platform Description Version
ASAv Cisco ASA firewall image 9.12.2
CSR 1000v IOS-XE Cloud Services Router 16.11.01b
IOS XRv IOS XR classic image (32-bit, deprecated) 6.3.1
IOS XRv 9000 IOS XR 64-bit image 6.6.2
Nexus 7000v NX-OS layer 3 image (deprecated) 7.3.0.d1.1
Nexus 9000v NX-OS layer 2/3 image 9.2.3
IOSv IOS classic layer 3 image 15.8(3)
IOSv-L2 IOS classic layer 2/3 switch image 15.2

ソフトは有料で年間$199が必要になります。

インストール環境

CMLは下記のVMwareの下記環境にインストールすることが出来ます。

  • VMware Workstation 14 or later
  • VMware Fusion Pro 10 or later
  • VMware Player 14 or later
  • VMware ESXi 6.5 or later

今回手順は VMware ESXi 7.0.0 にインストールしています。

ソフトのダウンロード

CML Software Downloadから下記2ファイルをダウンロードします。

ovaがVMwareで起動するOSイメージになり、iosはCML上で起動する各種OSのイメージになります。

ESXiでのデプロイ手順

VMware ESXiにログインして「仮想マシンの作成/登録」をクリックします。

上記画面が表示されますので、「OVFファイル・・」を選択して、「次へ」をクリックします。

仮想マシンの名前を入力してダウンロードしたovaファイルを「クリックしてファイルを選択・・」にファイルをドラックアンドドロップします。「次へ」をクリックします。

CMLを保存するストレージを選択して、「次へ」をクリックします。

ネットワークのマッピングで所属するネットワークを選択します。自動的にパワーオンのチェックを外します。(今回は起動する前に一部マシンを修正します。) 「次へ」をクリックします。

上記が表示された「完了」をクリックします。

ESXiに仮想マシンが登録されたら、CML-Pの仮想マシンを選択します。

「アクション」→「設定の編集」をクリックします。

CPU、メモリ、HDDの割り当て容量は最小限の値となっています。任意で値を変更します。
「CD/DVDメディア」の左側をクリックしてメニューを表示させます。

ドライブを「データストア ISO ファイル」に変更、接続にチェックします。ステータスの「パワーオン時に接続」をチェックします。 メディアはダウンロードした iso ファイルを選択します。
上記の設定変更が完了したら「保存」をクリックします。
 

パワーオンし、コンソールが起動します。 ※ESXiでのデプロイは完了です。続いて CMLのセットアップになります。

スポンサーリンク

CMLのセットアップ

CMLが起動すると上記画面が表示されます。「エンター」を押下します。

ソフトウェア利用許諾契約が表示されます。承認するなら  を選択して「エンター」を押下します。

設定を開始します。 を選択して「エンター」を押下します。

設定手順が表示されます。確認したら を選択して「エンター」を押下します。

今回はCML-Personalのインストールになりますので、 CML-Personalにチェックを入れて、 を選択して「エンター」を押下します。

sysadmin (システム管理者) のパスワードの設定になります。 Passowrd , Confirm に管理者のパスワードを入力して、 を選択して「エンター」を押下します。

admin (ユーザアカウント) のパスワードの設定になります。 Password , Confirm にユーザのパスワードを入力して、 を選択して「エンター」を押下します。

CMLのネットワークの設定になります。DHCP , Static を選択することができます。どちらを選択しても問題ありませんが、CMLには、外部からブラウザでアクセスしますので、今回ははstaticで設定します。
Staticにチェックを入れて、を選択して「エンター」を押下します。

IPv4 Address/Netmask/Gateway , IPv4 Gateway , DNS servers を環境に合わせて設定して、 を選択して「エンター」を押下します。

設定の確認になります。問題なければ、 < Confirm > を選択して「エンター」を押下します。

セットアップの処理が開始されます。処理が完了すると自動的に再起動してCMLが起動します。

再起動が表示され上記画面が表示されたセットアップが完了です。

CMLへのログイン

ブラウザから https://設定したIP/ で開きます。
※ただしサーバーの証明書が、オレオレ証明書になりますので、接続時にエラーが表示さますので、そのまま接続します。

admin / 設定したパスワードでログインできます。

ライセンスの入手方法

ライセンスですが、以前のVIRLでライセンスを持っている人はVIRLのライセンスのページにCMLが追加されています。

右側の 「2.0 License」をクリックすると、 CML用のライセンスが表示されます。

ライセンスの登録

CMLにログインします。

右上の「Tools」のメニュー内の「Licensing」をクリックします。

画面内の「Register...」をクリックします。

Ciscoのページからライセンスをコピーして、「Token」に貼り付けます。貼り付け後、「Register」をクリックします。
※登録にはそれなりに時間がかかります。

Registration Status が Registered になればラインセンスの認証が完了です。

以上。CMLのインストール手順になります。

CMLオフィシャルページ

CML
Software Download
Cisco Modeling Labs Documentation

-その他
-,

© 2020 インフラエンジニアのメモ帳