CentOS8

Zabbix 5.0 agent を CentOS8 にインストールして監視設定の追加手順

概要

Zabbix5.0 agent をCentOS8.1にインストールして監視設定する手順を紹介するページです。

Zabbix5.0のインストール手順は下記を参照下さい。

インストール環境

今回は下記IPアドレスで設定します。

用途 ホスト名 IPアドレス
Server zabbix5-server.test.server-network-note.net 172.24.101.1
Agent zabbix5-agent.test.server-network-note.net 172.24.101.2

ZABBIX-agentのインストール

  1. Zabbix repositoryのインストール
  2. Zabbix agent インストール
  3. Zabbix-Agentの設定変更

  4. zabbix-agent の起動および自動起動設定

  5. firewalldに 10050/tcp ポートを開放する設定をします。

スポンサーリンク

Zabbix-Serverに監視設定の追加

  1. Zabbix-serverの管理画面にログインします。「設定」→「ホスト」とクリックします。
  2. 「ホストの作成」をクリックします。
  3. 「ホスト名」に今回追加するホスト名を入力します。
    「表示名」は任意ですが、管理画面の表示目名になります。
    グループは管理的にまとめる時に便利な機能です、今回はLinux Serverを選択しています。
    「エージェントIPアドレス」に監視追加するIPを入力します(※DNSでのホスト名でも指定できます。)
    入力を完了できたら、上部の「テンプレート」をクリックします。
  4. 新規テンプレートをリンクの右にある「選択」をクリックします。
  5. ホストグループ右の「選択」をクリックします。
  6. 「Templates/Operating systems」をクリックします。
  7. 「Template OS Linux by Zabbix agent」にチェックを入れます。
    チェックを入れたら、「選択」をクリックします。
  8. 「追加」をクリックします。

以上で設定完了です。しばらくするとグラフの更新や監視が開始されます。


CentOS8 その他設定方法は下記ページからどうぞ

-CentOS8
-,

© 2020 インフラエンジニアのメモ帳