Cisco IOS XE 設定方法

Cisco IOS XEとCisco IOSの違い

Cisco IOS XE ソフトウェア構造について

Cisco社は、ルータを動作させるために独自開発したOSとしてCisco IOSが長らく利用されていました。

Cisco IOS


Cisco IOS XEは、OSとしてはLinuxカーネルを採用、ハードウェアはLinux Kernelが制御、従来のIOSをLinuxカーネルプロセスの一つとしてIOSdと実行し、その他装置に関する(CMAN,FMAN,IMAN..)プロセスで動作するミドルウェアになります。

Cisco IOS XE ソフトウェア構成

従来のIOSが動作しているため、設定方式などもCisco IOSと同じ設定コマンドが利用できるので利用者は通常Linuxを意識することはありません。
LinuxをOSを採用することで、Linuxの資産が活用でき開発期間の短縮などのメリットが得られます。また、ハードウェアを直接する制御するOSではなくなったため、個々のソフトウェアパッケージのISSUが実現したり、故障範囲の限定および再起動性が向上しています。

Cisco IOS XEのバージョンについて

Cisco IOS XE は内部でIOSが動作しているため、show version を実行すると IOS XEと IOSのバージョンが表記されています。
下記の例は IOS XE 3.16.10.S IOS 15.5(3)S10 となっている。
IOS XE と IOSのバージョンは一対一の関係がある。

Cisco IOS XE Linux シェル

Linuxに関しては通常意識する必要がないが、下記のようにLinuxシェルが起動できます。(TACからの指示がない限り通常は利用しない)
下記の結果から Linux カーネル 2.6.32.59 が動いているのがわかる。

Cisco IOS XE 記事一覧

IOS XE CLI 基本操作

-Cisco IOS XE 設定方法