Cisco IOS XE 設定方法

Cisco IOS XE コンフィグ running-config , startup-config

Cisco IOS XE running-config startup-config

running-config

Cisco IOS XEで現在動作しているコンフィルがrunning-configになります。
running-configはRAM(揮発性メモリ)のsystem:に保存されています。※Exec(特権)モードで dir system: で確認できます。
running-configはRAM(揮発性メモリ)に記録されているので、電源OFFやresetになると消えてしまいます。そのためにresetや電源OFFに備えてnvram(不揮発メモリ)側に保存する必要があります。

running-configを確認するには。EXEC(特権)モードで show running-config コマンドでできます。

startup-config

ルータが起動した際に読み込まれるconfigがstartup-configになります。
startup-configファイルはnvram(不揮発性メモリ)上に保存されています。
Exec(特権)モードで dir nvram: で確認することができます。
※startup-configがない場合は 初期状態で起動して setupモードが起動します。

startup-configファイルを参照するには Exec(特権)モードで show startup-config で表示されます。

startup-configの保存

startup-configを保存するにはExec(特権)モードで copy running-config startup-config で保存することができます。

Destination filename [startup-config]? と問い合わせがありますが保存先のファイル名の確認になりますので、そのままエンターキーをおせば保存されます。

現在の推奨のstartup-configへの保存方法は上記の copy copy running-config startup-config になりますが、以前はwriteを利用していました。

startup-configの削除

startup-configの削除は Exec(特権)モードで erase startup-config で消すことが出来ます。

現在の推奨の削除はdelete nvram:startup-configになりますが。以前は write erase を利用してました。

Cisco IOS XE 記事一覧

IOS XE CLI 基本操作

-Cisco IOS XE 設定方法