スパニングツリー

スパニングツリー Spanning Tree Protocol(STP) PVST+

更新日:

PVST+とは

STPは全てのVLANで共通の動作(トポロジー)をします。PVST+ではBPDUはVLAN毎に送信し、VLAN毎にトポロジーを構成する事が出来ます。

同一のSWでありながら、上記のようにVLAN毎にトポロジーを変えることが出来ます。

ブリッジIDの違い

STPのブリッジIDは、ブリッジプライオリティとMACアドレスで構成されている。

デフォルトではブリッジプライオリティを32768になっている。

PVST+のブリッジIDは、ブリッジプライオリティ、拡張システムID、MACアドレスで構成されている。

PVST+はVLAN毎にスパニングツリートポロジーを作成しますが、ブリッジIDにもVLAN-IDを含めています。拡張システムIDにVLAN-IDを含めます。またブリッジプライオリティは拡張システムIDの追加のより領域が4ビットと縮小しています。縮小した影響で設定時のブリッジプライオリティは4096単位で設定を実施します。デフォルトのブリッジプライオリティは32768になりますので、VLAN-IDが10のPVST+のデフォルトは32768+10 = 32778 がプライオリティ値になります。

CiscoCatlyst設定例

スパニングツリーSTP PVST+ CiscoCatalyst設定

検証構成 設定コマンド SW1 VLAN-ID 10 を作成

ブリッジプライオリティを0 [crayon-5c161b3681dfa3 ...

 

その他ネットワーク解説ページ

ネットワーク解説

ネットワークの動作やプロトコルを解説していきます。主にCiscoIOSを利用して解説します。できる限りパケットキャプチャーファイルなどを添付して、プロトコルのシーケンスなどを確認できるようにしたいと思 ...

-スパニングツリー
-

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.