Cisco IOS-XR 設定方法

Cisco IOS-XR 基本設定 ( ホスト名、インターフェイス、staticなど)

更新日:

検証構成

設定の初期化

commit replaceをすると再起動不要で、初期化することが出来ます。

ホスト名設定

conf (configモード)に変更して設定コマンドを投入します。設定投入直後に反映されません。
commitをすることで装置に反映されます。またcommitすることでsaveも自動的に保存されます。

インターフェイスの無効化、有効化

インターフェイスの無効化

インターフェイスの有効化

インターフェイスipv4アドレス設定

ipv4の192.168.0.1/24のアドレスを設定

インターフェイスipv6アドレス設定

ipv6の2001:db8::1/64を設定しています。

デフォルトstaticルート設定

ipv4でフォルトルート(自信のルーティングテーブル記載されていないprefix以外全ての宛先)の設定

show コマンドでstaticの設定ができたことを確認します。
ipv6でフォルトルート(自信のルーティングテーブル記載されていないprefix以外全ての宛先)の設定

スポンサーリンク

iosxr-3の設定

staticの設定

iosxr-2,iosxr-3のホスト名、interfaceの設定は設定済みとします。
今回はデフォルトルートゲートではなく個別のprefixのstatic設定をします。

ipv6も同様に個別のprefixを設定します。

疎通確認

IPv4 および IPv6 共にPingが通り疎通がとれました。

設定Config



その他 Cisco IOS-XR設定例集

Cisco IOS-XR 設定方法

Cisco 大型ルータ ASR-9000 , CRS に搭載されているOS IOS-XR 。IOS-XRでの各設定方法を解説しています。 基本設定 Cisco IOS-XR 基本設定 ( ホスト名、イ ...

-Cisco IOS-XR 設定方法

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.