Junos 設定方法

OSPFコスト設定 Junos

投稿日:

概要

Junos でOSPFコスト設定方法を紹介します。

OSPFコストの初期値

OSPFのコストは下記の式によってインターフェイスの速度によって計算され、帯域幅が多いほどコストの値が小さくなります。

インターフェイスコスト = 100Mbps(Reference Bandwidth) / インターフェイス速度

デフォルトのコスト計算方法では、100Mbps以上のインターフェイスでのコスト値が1以下になりますが、計算結果が1以下の場合は全て1になります。(例:1Gbps コスト値 1 計算値 0.1)

各インターフェイスのデフォルト状態でのOSPFコスト値 コスト値
1544kbps 64
10Mbps 10
100Mbps 1
1Gbps 1

デフォルト状態のFastEthernetのOSPFコストの状態

コストが1になっている。

スポンサーリンク

OSPFコスト計算式の変更

Reference bandwidthの値を10Gbpsに変更して、100Mbpsのインターフェイスでコスト値を100にする。

設定反映の確認

100Mbpsのインターフェイスとのコストが100に変更出来ました。

インターフェイスの帯域幅の変更

上記では計算式の分子のReference bandwidthを変更しましたが、今回は分母側のインターフェイスの帯域幅を変更することでOSPFコストを変更してみます。

上記で設定したauto-cost reference-bandwidthを初期値に戻して100Mbpsのインターフェイスを10Mbpsに変更してコストが変化するのを確認します。

設定を確認します。

コストが10に変わりました。インターフェイスのbandwidthを変更することで実際のインターフェイスの速度と異なった速度を設定することが出来ます。

OSPFのコストの手動設定

OSPFのコストは初期設定では、インターフェイスの速度を元に自動で計算されていますが、コストを手動で設定することも出来ます。

コストが設定値になったことを確認します。

コストが15に変更されました

Junos 他の設定方法

Junos 設定方法

システム基本設定 基本設定 ( ホスト名、インターフェイス、staticなど) logical-system の基本設定 OSPF OSPF基本設定 OSPFコスト設定 OSPF プライオリティ OS ...

-Junos 設定方法
-,

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.