Junos 設定方法

OSPF Network( Broadcast / Point-to-Point ) Junos

投稿日:

概要

Juniper JunosにてOSPFのNetowrk(Broadcast / Point-to-Point )の設定方法を紹介します。

設定概要図

Network Type Broadcast

インターフェイスがイーサネットの時はデフォルトの動作がBroadcastです。従って特別の設定は不要です。

OSPFの設定後、インターフェイスの状態を確認すると「Type LAN」の記載があり、これがBroadcastで動作していることがわかります。
また、Broadcastで動作しているので、DR,BDRの選出が動作します。今回のインターフェイスでは、DRに選出されていることがわかります。

Broadcastで動作しているので、該当のネットワーク(192.168.0.0/24)では、DRであるJunos-R1ルータから「LSA Type2 Network」が生成されていることがわかります。

スポンサーリンク

Network Type Point-to-Point

設定方法

コマンド引数 説明
NET-WORK-TYPE OSPFのネットワークタイプを設定する。設定項目として下記がある
p2p
p2mp
nbma

構成図を元に設定例

Junos-R1

Junos-R2

設定後のインターフェイスおよびOSPF Databaseの変化について

設定後、インターフェイスの状態を確認すると「Type P2P」の記載があり、Point-to-Pointで動作していることがわかります。
また、Point-to-Pointで動作しているので、DR,BDRの選出はありません。Stateは、PtToPtになり、DR,BDRの項目がなくなっていることがわかります。

NetworkTypeがPoint-to-Pointになった為、LSAは「Type-1 Router」のみになりました。

その他 Juniper Junos設定例集

Junos 設定方法

システム基本設定 基本設定 ( ホスト名、インターフェイス、staticなど) logical-system の基本設定 OSPF OSPF基本設定 OSPFコスト設定 OSPF プライオリティ OS ...

-Junos 設定方法

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.