Cisco NX-OS 設定方法

OSPF トータリースタブエリア Cisco NX-OS

OSPF スタブエリアの設定をCisco NX-OSで解説します。

OSPFスタブエリア

OSPFのスタブエリアの解説は下記を参照して下さい。

OSPF スタブエリア / トータリースタブエリア

トポロジー図

OSPF area stubコマンド

IPアドレスの設定、基本となるOSPFの設定は完了しているものとする。OSPF設定方法は下記を参照

OSPF基本設定 Cisco IOS-XR

設定方法

コマンド引数 説明
AREA_ID 指定したインターフェイスのOSPF Area を指定します。
Areaは32bitの識別子 10進数で( 0 - 4294967295 ) と IPv4アドレス形式 ( 0.0.0.0 - 255.255.255.255 )いずれかに指定

設定方法

NXOS-R2設定方法

NXOS-R3設定方法

設定確認

show ospf

show ospf のR2 Area 1 がstub no-summaryに認識

ルーティングテーブルの確認

OPSFがデフォルト経路のみが学習される

OSPF database

OSPF datavaseでLSA Type3がABR(2.2.2.2)からデフォルトのみ経路を学習しています。LSA Type4,5は学習していない。

 

Ping疎通確認

経路が削減されていますが、デフォルト経路があるため、NXOS-R3からRIPルータへPingが通ります。

コンフィグファイル

設定したConfigファイル




スポンサーリンク

Cisco NX-OS 設定方法記事一覧

基本設定

OSPF

-Cisco NX-OS 設定方法