OSPF

OSPF エリア スタブエリア / トータリースタブエリア

更新日:

OSPFのエリアの種類

OSPFのエリアを分割することでルータの負荷を軽減することが出来ます。(詳細は下記ページ)

OSPF エリア

OSPFエリアとは エリア分割しないと起きる問題 OSPFはLSAを交換し、LSDB(ルータ構成図)を作成し、最短経路をSPF計算を行うことで経路を把握します。ルータの台数が多くなるととLSDB(メモ ...

エリアの種類は下記のようにあります。基本となるのがバックボーンエリア、標準エリアになります。エリア内の経路を削減することで、ルータの負荷軽減を図れる方式として他に4種類があります。

エリアの方式を変えることで設定したエリアのLSAが変わります。(詳細は各エリアで説明します。)また、LSAについては下記を参照して下さい。

OSPF LSAについて Type LSA4 / Type LSA5 / Type LSA7

OSPFのLSAのタイプについて OSPFの基本的な動作は下記ページを参考に上記のページにでも記載していますが、OSPFのルータ間はLASを交換することでトポロジーを把握します。そのLSAにはネットワ ...

バックボーンエリア、標準エリア

エリア分割する際はバックボーンエリアを頂点とした2階層のエリア構成にする必要があり他エリアとの接続には必ずバックボーンエリアを経由して接続されます。バックボーンエリアはエリア番号0になります。それ以外のエリア番号はデフォルトでは標準エリア設定となり、バックボーンエリアからの経路を全て受信します。

バックボーンエリアからのOSPF経路はLSAタイプ3として受信し、ルーティングテーブルのCodeは「O IA」として記載されます。非OSPFの外部経路はLSAタイプ5としてルーティングテーブルとしては「O E1」もしくは「O E2」として記載されます。標準エリアはバックボーンエリアからの経路をそのまま受信し、ルーティングテーブルに登録されます。

R3はLSA Type3を3経路(1.1.1.1/32 , 2.2.2.2/32 , 192.168.0.0/24 )を学習しています。

R3は LSA Type4をASBR(1ルータ 1.1.1.1)を学習しています。

R3は LSA Type5を2経路(10.0.0.0/24 , 172.16.0.0/24)を学習しています。

スポンサーリンク

スタブエリア

スタブエリアは非OSPF経路である外部経路(LSAタイプ5)がABRであるR2にてデフォルト経路に変換することで経路を削減を実現します。スタブエリアを設定するには対象となるルータ全てにスタブ設定が必要になります。また、スタブエリア内にはASBRを設定することが出来なくなります。

スタブになる(今回の例ではエリア1)R2,R3に下記のように設定をする。(下記はCisco IOS)

R3のルーティングテーブルでは標準エリアには存在していた非OSPFの外部経路「O E2」(10.0.0.0/8 , 172.16.0.0/24)は無くなり、代わりにデフォルト経路 LSA Type3「O*IA」(0.0.0.0/0)が加わりました。

R3のLSA Type3が標準エリアと比べてデフォルト経路「0.0.0.0/0」が追加されています。

R3のOSPFdatabaseには非OSPFネットワークの外部経路に関わるLSA Type4,LSA Type5は経路を学習していません。

IOS,IOS-XR,NX-OS 設定方法

OSPF スタブエリア Cisco IOS-XR

OSPF スタブエリアの設定をCisco IOS-XRで解説します。 OSPFスタブエリア OSPFのスタブエリアの解説は下記を参照して下さい。 トポロジー図 OSPF area stubコマンド I ...

OSPF スタブエリア Cisco NX-OS

OSPF スタブエリアの設定をCisco NX-OSで解説します。 OSPFスタブエリア OSPFのスタブエリアの解説は下記を参照して下さい。 トポロジー図 OSPF area stubコマンド IP ...

トータリースタブエリア

トータリスタブエリアはさらに経路削減のため。スタブエリアでは受信したエリア0のLSAタイプ1をABRであるR2にてLSAタイプ3のデフォルト経路に変換されます。設定はABR(例ではR2)トータリースタブの設定が必要になります。残りの対象エリアルータには(例:R3)スタブ設定が必要になります。スタブエリア同様トータリースタブのエリアにはASBRを設定することは出来ません。

ABRであるR2は「area 1 stub no-summary」のコマンドを投入(下記例はCisco IOS)

トータリースタブ内のABR以外のルータにはスタブ設定のコマンドを投入します。(下記例はCisco IOS)

スタブエリアが経路を学習していた「1.1.1.1/32、192.168.0.0/24」はトータリースタブでは経路が削除されています。

R3のLSA Type3がスタブエリアと比べて「1.1.1.1/32 , 192.168.0.0/24」が削除されています。

R3はスタブエリア同様LSA Type4,5は学習していません。

IOS,IOS-XR,NX-OS 設定方法

OSPF トータリースタブエリア Cisco IOS-XR

OSPF スタブエリアの設定をCisco IOS-XRで解説します。 OSPFスタブエリア OSPFのスタブエリアの解説は下記を参照して下さい。 トポロジー図 OSPF area stubコマンド I ...

OSPF トータリースタブエリア Cisco NX-OS

OSPF スタブエリアの設定をCisco NX-OSで解説します。 OSPFスタブエリア OSPFのスタブエリアの解説は下記を参照して下さい。 トポロジー図 OSPF area stubコマンド IP ...

その他ネットワーク解説ページ

ネットワーク解説

ネットワークの動作やプロトコルを解説していきます。主にCiscoIOSを利用して解説します。できる限りパケットキャプチャーファイルなどを添付して、プロトコルのシーケンスなどを確認できるようにしたいと思 ...

-OSPF

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.