BGP

BGP NEXT_HOP パスアトリビュート

BGP NEXT_HOP パスアトリビュート

BGPのUpdateメッセージのルータ情報に含まれるパスアトリビュートの一つです。

その他のBGPパスアトリビュート情報は下記に

BGP NEXT_HOP 特徴

NEXT_HOPはそのルートに対して到達するためのネクストホップアドレスを示しています。

  • タイプコード 3
  • Well known Mandatory(全てのBGPルータが識別でき、必ずUpdateメッセージに含まれる)
  • eBGPピアにてアドバタイズする時は、ネイバー自身のIPアドレスをNEXT_HOPに変更して送信
  • iBGPピアにてアドバタイズする時は、NEXT_HOPを変更せずに送信

  • R10のBGPテーブル
    10.0.0.0/8 NEXT_HOP 0.0.0.0 R10がBGPルートを生成
  • R21のBGPテーブル

    10.0.0.0/8 NEXT_HOP 20.10.21.10 R10のBGPneighborのアドレス(20.10.21.10)にNEXT_JHOPが変更されて経路を受信している。

  • R22のBGPテーブル

    10.0.0.0/8 NEXT_HOP 20.10.21.10 iBGPにて受け取った経路のため、R21のNEXT_HOPから変更されていない。

  • R30のBGPテーブル

    10.0.0.0/8 NEXT_HOP 20.22.30.22 R30のBGPneighborのアドレス(20.20.30.22)にNEXT_JHOPが変更されて経路を受信している。

Config およびCML定義ファイル


スポンサーリンク

マルチアクセスネットワーク時のNEXT_HOPの動作について

eBGPはNEXT_HOPのアドレスを変更すると記載していましが、マルチアクセスネットワーク時には変更しません。

  • R10 BGPネイバー、テーブル
    R10のBGPネイバーはAS20しか接続されていません。
    10.0.0.0/8 AS10が生成元のため、NEXT_HOP 0.0.0.0の状態となっている。
  • R20 BGPネイバー、テーブル
    R20はAS10,AS30の2ネイバー接続している。
    10.0.0.0/8 の NEXT_HOP が 90.0.0.10 とeBGPのネイバーのアドレスに変更されている。
  • R30 BGPネイバー、テーブル
    R30はAS20と接続されている。※AS10とは直接接続されていません。
    10.0.0.0/8 の NEXT_HOP が 90.0.0.10 とR20の時と同じで変更されていません。

    tracerouteの結果からR20を通過せず、R10に直接送信している。

Config およびCML定義ファイル


その他BGP解説ページ

ネットワーク解説 BGP ( Border Gateway Protocol )

パスベクタ型のダイナミックルーティングプロトコル BGP ( Border Gateway Protocol ) を解説します。 BGP解説記事 BGPとは BGP Message (メッセージ) B ...

その他ネットワーク解説ページ

ネットワーク解説

ネットワークの動作やプロトコルを解説していきます。主にCiscoIOSを利用して解説します。できる限りパケットキャプチャーファイルなどを添付して、プロトコルのシーケンスなどを確認できるようにしたいと思 ...

-BGP

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.