ネットワーク解説 BGP

BGPとは

BGPとはダイナミックルーティングプロトコルの1つです。ダイナミックプロトコルは大きく2種類に分けることが出来ます。1つ目は組織内部の経路を交換するIGPプロトコル、OSPF,EIGRP,RIPなどの組織内経路交換をするダイナミックルーティングプロトコルになります。もう1つは組織間の経路を交換するEGPプロトコルになります。EGPは組織間の経路を交換するダイナミックルーティングプロトコルになります。現在EGPプトロコルはほぼBGP-4(以下BGP)で動作しています。インターネットの大規模な組織間の経路維持に活躍しているのもBGPになります。

AS(Autonomous System)とは

BGPでは管理する組織毎にAS番号を割り当て利用します。AS番号にはIPアドレス同様に世界で唯一のグローバルAS番号と、組織内で各自利用できるプライベートAS番号があります。インターネットで利用する際は固有のAS番号を取得して接続する必要があります。

グローバルAS番号 1〜64511 インターネットで利用出来る固有の番号
プライベートAS番号 64512〜65534 組織内など自由に利用できる番号

4byte AS番号

BGP番号が枯渇した為、従来の2バイトから4バイトに拡張したものです。 4バイトのAS番号は2バイトずつ表記します。「0.0」 〜 「65535.65535」 で表記します。

スポンサーリンク

バスベクタ型ルーティングプロトコル

AS毎にルート情報に加えパスアトリビュート情報を付与します。パスアトリビュート情報を元にベストパス(最適経路)を選択します。
デフォルトのパスアトリビュートでは、AS経路が少ない経路を選択します。

上図ではのAS100はそれぞれAS_PATHが短い方向に経路が向いています。

  • 20.0.0.0/8 は Next-Hop 20.0.0.1 へ
  • 30.0.0.0/8 は Next-Hop 30.0.0.1 へ

AS-PATHを利用してループフリー

AS-PATHを使うことでループフリーを実現しています。自身のAS番号を含むAS-PATHの経路は採用しないことで、ループを回避しています。



TCP 179を利用

転送プロトコルにTCPポート 179 を利用して接続します。TCPを利用することで信頼性の高いルーティングアップデートが実行できます。

差分アップデート

アップデートは変更発生時のみ実行する差分アップデート。


ネットワーク解説

ネットワークの動作やプロトコルを解説していきます。主にCiscoIOSを利用して解説します。できる限りパケットキャプチャーファイルなどを添付して、プロトコルのシーケンスなどを確認できるようにしたいと思 ...

-ネットワーク解説, BGP
-

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.