Cisco IOS 設定方法

OSPF トータリーNSSA Cisco IOS

投稿日:

OSPF トータリーNSSAの設定をCiscoIOSで解説します。

OSPF トータリーNSSA

OSPFのトータリーNSSAエリアの解説は下記を参照して下さい。

OSPF エリア NSSAエリア / トータリーNSSAエリア

OSPFのエリアの種類 OSPFのエリアを分割することでルータの負荷を軽減することが出来ます。(詳細は下記ページ) エリアの種類は下記のようにあります。基本となるのがバックボーンエリア、標準エリアにな ...

トポロジー図

OSPF area nssa no-summaryコマンド

IPアドレスの設定、基本となるOSPFの設定は完了しているものとする。OSPF設定方法は下記を参照

OSPF基本設定 Cisco IOS

OSPFとは OSPFプロトコルの説明は下記ページを参考にしてください。 OSPFの設定構成図 OSPFの基本設定のステップ OSPFプロセスの起動 OSPFを有効にするインターフェイスを指定 OSP ...

設定方法

ABRルータ

コマンド引数 説明
AREA_ID 指定したインターフェイスのOSPF Area を指定します。
Areaは32bitの識別子 10進数で( 0 - 4294967295 ) と IPv4アドレス形式 ( 0.0.0.0 - 255.255.255.255 )いずれかに指定

ABR以外のNSSAルータ

コマンド引数 説明
AREA_ID 指定したインターフェイスのOSPF Area を指定します。
Areaは32bitの識別子 10進数で( 0 - 4294967295 ) と IPv4アドレス形式 ( 0.0.0.0 - 255.255.255.255 )いずれかに指定

設定方法

R2設定方法

R3設定方法

設定確認

show ip ospf

R2 show ip ospf の対象 Area 1 がNSSAと認識

R3 エリアがNSSAと認識

ルーティングテーブルの確認

R1からの内部、外部経路がなくなり、デフォルト経路のみが(O IA)学習されている

R1 バックボーンエリアのルータは全ての経路を学習しているNSSAからの外部経路は「O E2」として学習されている。

OSPF database

R3 NSSAルータではバックボーンエリアからはデフォルト経路のみ学習している。デフォルト経路はType3LSAで学習している、

R1 全ての経路を学習している。NSSAからの外部経路はType5LSAとして学習されている。

Ping疎通確認

経路が削減されていますが、デフォルト経路があるため、R3からPingが通ります。

コンフィグファイル

設定したConfigファイル

その他 Cisco IOS設定例集

Cisco IOS 設定方法

Cisco IOSの設定方法をまとめました。

-Cisco IOS 設定方法

Copyright© インフラエンジニアのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.